メニュー

Web広告とは?Webマーケティングの大切な要素

2016年9月21日 - Webマーケティング

 

Web広告とは、Web上に掲載する広告のことです。Web広告は、Webマーケティングにおいて、客をWebサイトに呼び込むという点で大きな役割を果たしています。今回はWeb広告について詳しく解説していきます。

 

1.Web広告とは

Web広告とは、Web上に掲載する広告であり、クリックまたはタップすることによって、広告先のWebサイトに飛ぶ仕組みとなっています。Web広告といっても様々な種類があり、それぞれ特徴があります。

 

2.Web広告の良さ

Web広告が広告としてまず比べられるのが、紙広告ですよね。電車内や駅のホーム、その他もろもろの場所に貼ってあるポスター広告や、雑誌などについている広告、道端で配っているチラシなどです。

紙広告と比べて圧倒的なWeb広告の強みは、より細かいターゲティングを行うことができること。

 

たとえば、バレンタインデーに女性が男性に贈るチョコを宣伝したい場合。この場合、男性が広告を見ても消費にはつながりません。しいて言えば、恋人や夫のいない女性が見ても消費につながる可能性は低いわけです。しかし紙広告だと、細かいターゲティングができないため、このような人たちも広告を見ることになり、そこには余分な経費が掛かることになります。しかし、Web広告であれば、「バレンタインデー チョコ」や「男性好み チョコ」と検索した人など、バレンタインデーに女性にチョコレートをあげる可能性の高い人のみに広告を出すことができます。これはとても効率的な方法であり、余分な経費が掛からず目標を達成できる可能性が高まります。

このように相手に合わせて柔軟な対応ができることがWeb広告の強みであるといえます。

 

3.Web広告の種類

Web広告の種類は多く、仕組みや長所短所も様々です。Web広告には以下のようなものがあります。

 

・アフィリエイト広告

 

広告を設置し、効果に応じて料金を支払えばよい広告です。上の画像の右側のような部分に表示されるものが多いです。

・リスティング広告

 

Googleなどの検索エンジンに入れた検索ワードに関連性の高いものがリストとなって掲載される広告。上の画像のように、検索結果の一番上に出てくる部分です。

 

・動画広告

Youtubeなどの動画サイトで、動画閲覧前に表示される動画広告。

・SNS広告

 

TwitterやFacebookを利用した広告。

・記事とタイアップ広告

記事サイトとタイアップし、紹介記事を書く広告。

・バナー広告

Webサイトに動画やFLASHを使って掲載される広告。

 

 

では、どのWeb広告をどのようなときに使えばよいのでしょうか。Web広告の使い分けについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)