Web広告の種類と使い分けを徹底分析!

Web広告のは様々種類があります。今回は有名なものをピックアップし、それぞれの特徴を解説します。

 

1.リスティング広告

キャプチャ1

・概要

リスティング広告とは、Googleなどの検索ツールを使って検索をした際に、検索したに合わせた広告が上部に出てくるものです。上の図でいえば黄色で囲った部分がリスティング広告です。これは広告を配信する検索語句を決めることができるということです。つまり、明確なターゲティングを行ったうえで広告を出稿できるため、コストパフォーマンスが良いです。

・始め方

リスティング広告を始めるには、「Yahoo!プロモーション広告」または「GoogleAdWards」に登録することが必要です。どちらも登録が簡単ですぐ始めることができます。始める手軽さもリスティング広告の特徴といえます。

・料金

基本的にはクリック課金制です。つまり1クリックでいくら、という風に決められています。クリックされなければ料金がかからないというのもうれしいですね。また、料金はオークション形式で決まり、キーワードごとに最も高い金額で入札したところから金額が決まっていきます。ひゃうじ順は「広告の品質×入札料金」で決まります。

 

2.アフィリエイト広告

・概要

アフィリエイト広告は、成果報酬型広告と呼ばれており、成果が出て初めて広告料金が発生する広告です。広告主はアフィリエイトサービス・プロバイダーを間に挟み、アフィリエイトを行うアフィリエイトサイトへの掲載を行います。その後、アフィリエイトサイトが自分のWebサイトなどに広告を掲載し、そのリンクから商品・サービスが成約された場合に、プロバイダーを通してアフィリエイトサイトへ支払いが行われるという仕組みです。
金額は広告主が自由に設定することができ、実際に成約されなければアフィリエイトサイトへ料金を支払う必要はありません。そのため、費用対効果が良いとされる集客手法です。

・始め方

主なアフィリエイトサービス・プロバイダーには、「A8.net」「バリューコマース」「アフィリエイトB」「アクセストレード」「ジャネット」といったものがあります。それぞれ規模や強みが違うので、しっかり調べて見極めましょう。特定のキーワードの強いプロバイダーなどもあります。

・料金

料金は、成約時の支払いであり、金額設定も自由です。そのため、比較的自由に広告を出稿することのできる方法です。

 

 

これからWeb広告を出そうとしている人は、しっかり各広告を検討したうえで使う広告を選びましょう!今回は二種類しか紹介できませんでしたが、これからもっとさまざまなWeb広告の特徴を紹介していく予定です。

Web広告とは?Webマーケティングの大切な要素

IMARIC20160805210023_TP_V

 

Web広告とは、Web上に掲載する広告のことです。Web広告は、Webマーケティングにおいて、客をWebサイトに呼び込むという点で大きな役割を果たしています。今回はWeb広告について詳しく解説していきます。

 

1.Web広告とは

Web広告とは、Web上に掲載する広告であり、クリックまたはタップすることによって、広告先のWebサイトに飛ぶ仕組みとなっています。Web広告といっても様々な種類があり、それぞれ特徴があります。

 

2.Web広告の良さ

Web広告が広告としてまず比べられるのが、紙広告ですよね。電車内や駅のホーム、その他もろもろの場所に貼ってあるポスター広告や、雑誌などについている広告、道端で配っているチラシなどです。

紙広告と比べて圧倒的なWeb広告の強みは、より細かいターゲティングを行うことができること。

yuka160113344437_TP_V

 

たとえば、バレンタインデーに女性が男性に贈るチョコを宣伝したい場合。この場合、男性が広告を見ても消費にはつながりません。しいて言えば、恋人や夫のいない女性が見ても消費につながる可能性は低いわけです。しかし紙広告だと、細かいターゲティングができないため、このような人たちも広告を見ることになり、そこには余分な経費が掛かることになります。しかし、Web広告であれば、「バレンタインデー チョコ」や「男性好み チョコ」と検索した人など、バレンタインデーに女性にチョコレートをあげる可能性の高い人のみに広告を出すことができます。これはとても効率的な方法であり、余分な経費が掛からず目標を達成できる可能性が高まります。

このように相手に合わせて柔軟な対応ができることがWeb広告の強みであるといえます。

 

3.Web広告の種類

Web広告の種類は多く、仕組みや長所短所も様々です。Web広告には以下のようなものがあります。

 

・アフィリエイト広告

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3as

広告を設置し、効果に応じて料金を支払えばよい広告です。上の画像の右側のような部分に表示されるものが多いです。

・リスティング広告

 

スクリーンショット (41)

Googleなどの検索エンジンに入れた検索ワードに関連性の高いものがリストとなって掲載される広告。上の画像のように、検索結果の一番上に出てくる部分です。

 

・動画広告

Youtubeなどの動画サイトで、動画閲覧前に表示される動画広告。

・SNS広告

 

ee

TwitterやFacebookを利用した広告。

・記事とタイアップ広告

記事サイトとタイアップし、紹介記事を書く広告。

・バナー広告

Webサイトに動画やFLASHを使って掲載される広告。

 

 

では、どのWeb広告をどのようなときに使えばよいのでしょうか。Web広告の使い分けについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

これがおすすめ!アクセス解析ツール徹底分析

アクセス解析については前回お話ししました。アクセス解析は、Webマーケティングにおいて重要な要素でしたね。

では今回は、数あるアクセス解析ツールの中から、三つを厳選し、それぞれの特徴や詳細を紹介していきたいと思います。ぜひ、アクセス解析ツールを選ぶ際に参考にしてください。

 

1.Googleアナリティクス

 

スクリーンショット (25)

GoogleアナリティクスはいわずとしれたGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

・無料

Googleアナリティクスの大きな特徴としては、すべてが無料であるということ。無料ですべてのツールを利用でき、追加費用が掛かることはありません。あまりにも親切すぎて不安になってしまいます…(笑)

・導入が簡単!

Googleアナリティクスは、Googleアカウントがあれば簡単にアカウントが作成できるので簡単に始めることができます。

・不明点が解決しやすい!

Googleアナリティクスはもっとも有名なアクセス解析ツールであり、利用者が世界中に多くいます。そのため参考書や使い方サイトが多くあり、わからないことがあっても解決するのが楽になります。

 

導入は簡単といえど、やっぱり使いこなすのは難しいGoogleアナリティクス。そこで、最後におまけ。Googleアナリティクスに合わせて使っているツールを紹介します。とても便利なので、Googleアナリティクスを導入することに決めた人はぜひ使ってみてください。

キャプチャ

名前は「アクセス解析ツール AIアナリスト」。AIがGoogleアナリティクスのデータを分析し、具体的な改善提案を出してくれるツールです。なんと無料で利用できるのがお得なところ。

 

2.Yahoo!アクセス解析

 

スクリーンショット (26)

Yahoo!Japanの提供しているアクセス解析ツールです。

・無料!

すべてのツールが無料です。

・シンプルな解析!

Yahoo!アナリティクスは他のアクセス解析ツールより分析項目が少なくなっています。そのため、シンプルで見やすいのが特徴です。逆に言うと、詳しい分析には向かないため、専門性を持ったアクセス解析に取り組みたい人には少し物足りないかもしれません。

 

3.Adobeアナリティクス

 

スクリーンショット (23)

Adobe ReaderのAdobeが提供しているアクセス解析ツールです。

 

・優れた分析力!

Adobeアナリティクスは、他のサイト分析ツールと比較して、分析力が優れていることで知られています。そのため、アクセス解析に力を入れている大企業の中には利用しているところも多くあるようです。

・料金がかかる…

Adobeアナリティクスは月100万円ほど料金がかかります。また、Java Scriptを利用してカスタマイズしていくという利用形態なので、社内での運用が難しいかもしれません。その場合、社外に発注することにより費用も考慮に入れておいたほうが良いでしょう。

 

以上、アクセス解析ツールの紹介でした。個人的には、Googleアナリティクスが最も使いやすく、便利なツールだと感じています。

最後におまけ。Googleアナリティクスに合わせて使っているツールを紹介します。とても便利なので、Googleアナリティクスを導入することに決めた人はぜひ使ってみてください。

キャプチャ

 

名前は「アクセス解析ツール AIアナリスト」。AIがGoogleアナリティクスのデータを分析し、具体的な改善提案を出してくれるツールです。なんと無料で利用できるのがお得なところ。

アクセス解析とは?Webマーケティングの基本!

 

 

Webマーケティングとは、客をWebサイトに「連れてきて」「目的を達成させて」「リピーターにする」という三つのフェーズから構成されていることはお話ししました。(詳しくはこちらをご覧ください)

今回は、その中の「目的を達成させる」フェーズで必要となる、アクセス解析について解説します。Webサイトに来た客に目的を達成させるには、サイトをわかりやすく改善することが大切です。そのために使うのがアクセス解析なのです。

 

1.アクセス解析とは

スクリーンショット (29)

 

アクセス解析とは、Webサイトのアクセス履歴データを分析し、そのサイトを訪問した人の量や動向、客層などを客観的に分析したデータを提示することです。「どのような経路で利用者はサイトに入ったのか(広告か検索か、など)」「現在そのページを閲覧しているのは何人か」など、様々な利用者の情報を得ることができます。つまり、アクセス解析をすることによって、自分のWebサイトの隠された情報を知ることができるといえます。

 

2.アクセス解析の方法

アクセス解析ツールを利用するのが手っ取り早いです。現在、各社がアクセス解析ツールを出しており、無料で使えるものから高額なものまで、料金も様々。もちろんそれぞれ内容や強みも違います。それらをしっかり見極めたうえで選びましょう。詳しい選び方はこちらの記事を読んでみてください。

 

3.アクセス解析の必要性

アクセス解析をする理由は、「サイト改善を行う」というWebマーケティングを行うための、情報集めです。現状を知らなければ改善していくことはできません。つまり、Webマーケティングにおける究極の目標、「Webサイトの目標(コンバージョン)達成数を上げる」というためには、アクセス解析が不可欠なのです。

 

4.アクセス解析の活かし方

例えば、商品の申し込みがコンバージョンのWebサイトの場合で説明します。

アクセス解析において、「スマホからのアクセスの場合、パソコンからのアクセスの場合に比べてコンバージョン達成率が低い」と分かった場合。この場合は、そのWebサイトのスマホ版サイトが、コンバージョン達成に向けた誘導をうまく行えていないことになります。そのため、スマホ版サイトの「申し込みボタン」を大きくするなど、見やすくする対応をすることができます。

そして対応後は、それでコンバージョン達成率が上がっているかをしっかりアクセス解析を使ってチェック。最後までしっかりサイト改善を行うことができるのです。

 

 

いかがでしたか?アクセス解析はWebサイトの運営において最も重要なポイントなのでしっかり確認しておいてくださいね。